スナメリキャラバン

ニックネームスナメリキャラバンでは、瀬戸内海の沿岸各地にボランティアスタッフが出かけていき、 この海に複数存在するスナメリの『地方名』と今昔の『目撃情報』を沿岸域の住民の方々からお話をうかがう形で収集していきます。

集めた情報から地方名の分布図と一般配布用のイラストポスターを制作します。ポスターは、スナメリの認知度向上と重要性の啓発をめざし、沿岸各地の公共施設や商業施設に配布します。

スナメリキャラバンは【平成24年度TaKaRaハーモニストファンド助成事業】です。

活動のタイトル 瀬戸内海におけるスナメリの呼称(地方名)分布図の制作と配布
期間 平成24年6月より1年間
目的

瀬戸内海に生息する唯一の鯨類で、最も高次の捕食者であるスナメリは、この海における生物多様性の指標となる重要な生物とされる。しかし、沿岸住民の間でその重要性はあまり知られていない。近年では存在の認知度も薄れてきている。強沿岸性の鯨類で、人間活動に近い位置にあるスナメリには地域特有の呼び名が存在する。人々にとって親しみがわきやすい、この呼び名の分布を調べ、分布図ポスターを制作。瀬戸内海全域の公共施設などに配布し、スナメリの認知度向上と重要性の啓発へとつなげていく。調査は現地聞き取りを基本とし、目撃情報も収集。情報が希薄な過去の生息状況を中心に聞き取りを行い、これまでの推移を年表にまとめる。

  • スナメリ生息実態調査
  • スナメリワークショップ
  • スナメリキャンプ
  • スナメリキャラバン
  • スナメリ食堂
  • スナメリラボラトリー